HOME » 不用品回収 A to Z » 家電リサイクル法とは?

家電リサイクル法とは?

法律のしくみ

家電リサイクル法は正式名称を特定家庭用機器再商品化法といいます。
。。。正式名称は覚えなくていいです。

家電品にはたくさんの電子部品が使われていて、
レアメタルが詰まっています。
この貴重な金属をただ捨てるのはモッタイナイ。
リサイクルが推進されるような仕組みづくりをしよう。
という目的で、平成13年から施行されました。

具体的には、
(1)家電を買った人は、リサイクル費用を負担する。
(2)売ったお店は、廃家電を回収する窓口になる。
(3)作った会社は、廃家電をリサイクルする。
という仕組みです。

じっさいは、お店以外にも窓口があるようです。
民間の不用品回収業者も、その窓口


行政が窓口ではない、というのが、不用品処分をする時に
気をつけなければいけないポイントです。

粗大ゴミで出そう、と思っても、引き受けてくれないわけですから。

対象となる家電品

この法律の対象になっているのは、全ての家電品ではなく、

行政が引き取ってくれない物は、

・テレビ
・冷蔵庫
・洗濯機
・エアコン
・乾燥機

この5種類です。
冷蔵庫はワンドアの小さなタイプも対象になるみたいです。

あと、違う法律ですが

・パソコン(本体とモニタ)

も行政が引き取ってくれません。
覚えておきましょう!

家電リサイクル料金

対象となる、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、乾燥機については
家電リサイクル法に決められている料金を払わなければいけません。

家電の種類やメーカーによって異なりますが、
およそ2,000円~6,000円のはんいです。

実際に、民間の不用品回収業者に回収を依頼する場合は、
これに出張料金だったり作業料金などが追加になるようですが、
あまりにもかけ離れている時はオカシイので、訊いてみたほうがいいと思います。